パッケージ

さんかく祭VOL.1

メーカー名 Triangle
発売日 04/08/20
ジャンル ファンディスク
原画 斎藤なつき
シナリオ 反事象桂林、薗崎晶
CG 8枚(差分含まず)、回想5個
属性 触手、オナニー、公開凌辱、フェラ
声の出演 七瀬 凛々子(スイートリップ) 木葉楓
宮守 麻由希(スイートパッション) 木村あやか
ココノ・アクア 茶谷やすら
プリンセスティア
(ティアナ・リリアン・トランシルヴェール)
島香麗子
エレニス・レクシア 彩世ゆう
お気に入り 暑さで壊れたティアナ姫
ストーリー
Triangleの人気シリーズ「魔法戦士スイートナイツ」のファンディスク。
人気投票上位5名によるショートストーリー「魔法戦士達のなつやすみ」他、
「TECH GIAN」(2004年5月号)に収録されたメッツァーとココノのミニドラマやタイピングゲーム「ナイツ打!」
名曲「快楽の絆」のフルVer、声優さんのフリートークを収録。
盛り沢山の内容でお値段たったの3000円!
はじめに
システム ★★★★★☆☆☆☆☆5
音楽/声 ★★★★★★★★★★10
絵/CG ★★★★★★★★☆☆8
シナリオ ★★★★★★★☆☆☆7
エロ ★★★★★☆☆☆☆☆5
合計 35/50(70点)
登場人物
プリンセスティア(ティアナ・リリアン・トランシルヴェール) 声:島香麗子
属性 スク水、公開凌辱
「スイートナイツ2」でほとんど出番が無かったのに人気投票1位になった愛に煌めくプリンセス。
誰かが用意した「スク水」着用。今回は中の人が今後を心配するほどダークでぶっ飛んだ性格。

七瀬 凛々子(ななせ・りりこ)/スイートリップ 声:木葉楓
属性 公開オナニー
香那葉の不参加により、単独でシリーズ最多登場となる愛の戦士。人気投票は順当に第2位。
わざわざ海水浴にエロ水着を選んだり、ちょっとした妄想で濡れたりと、色々な後遺症が出ており、
自分の進むべき道を見失いかけている。実はちょっとだけココノが羨ましい。

ココノ・アクア 声:茶谷やすら
属性 触手
メッツァー様LOVEの性奴隷兼副官。ティアナ・凛々子との激戦の末、3位に甘んじたが、その人気は健在。
任務を忘れて食べ歩きしているところをメッツァーに見つかってしまい、お仕置きされることになるが、
つい喜んでしまったため「触手凌辱の刑」に変えられてしまう。アイスクリームに目がないらしい。

宮守 麻由希(みやもり・まゆき)/スイートパッション 声:木村あやか
属性 公開凌辱
「スイートナイツ2」からの新キャラながら、人気投票第4位に食い込む健闘を見せた第4の魔法戦士。
料理が壊滅的に下手で、食べた人を昇天させるほど凶悪。練習はしたらしいが、本人は味見すらしない。
自分のルックスやプロポーションに自信を持っているが、唯一の弱点が乳で、「貧相な胸」は禁句。

エレニス・レクシア 声:彩世ゆう
属性 フェラ
意外と票が伸びて第5位になってしまった幸運の戦士。人気投票序盤は圧倒的な勢いで票を重ね、一時期はダントツのトップだったが、不正の疑いで投票を一度リセットされている。
お酒に弱く、酔うと説教し始める厄介な酒癖があり、実はカナヅチで泳げない。
内容
<システム>★★★★★☆☆☆☆☆5
  魔法戦士達のなつやすみ ナイツ打!
セーブ/ロード なし ハードディスクが許す限り
CG/シーン回想 なし 回想のみ
スキップ あり(未読のみ) あり(既読・未読)
オートモード あり あり
バックログ なし あり
ボイスリピート なし あり
音量調節 可能(BGM・効果音・音声) 可能(BGM・効果音・音声)
ディスクレス 可能 不可
右クリック メニュー呼び出し メニュー呼び出し
CDの中身をハードディスクに保存すれば、ミニドラマやショートストーリーはディスクレス可能ですが、
「ナイツ打!」に限っては別個でインストールすることになり、プレイするのに毎回CDが必要です。

「魔法戦士達のなつやすみ」はサウンドノベル形式で表示されますが、システムの使い勝手が悪く、
「メッセージ消去」のようなメニューがないために、唯一のイベントCGも文字が邪魔で見辛いし、未読・既読判定が無いため未読スキップしか出来ず、バックログが無いのでボイスリピートもありません。

「ナイツ打!」は会話パートがADV形式で、システムは従来のTriangle作品と同じです。
戦闘パートは割と普通のタイピングゲームで本当にひたすらキーボードを押していくだけ。
序盤のココノなどは簡単な単語ばかりですが、徐々にレベルが上がり、ことわざや世界史の長い用語、「出撃する上魔を選んで下さい」などの文章や技の名前まで出てきます。
「っ」の入力が「koppu」のように子音を重ねる形式のみなので、「ltu」と入力する習慣がある人は苦労すると思います。個人的に一番難しかった言葉は「メッツァー・ハインケル」でした。

<音楽>★★★★★★★★★★10
主題歌「快楽の絆」 歌:Minako
いつ聞いてもカッコイイ主題歌で、今回は歌詞が記載されています。改めて歌詞を読んでみると、やっぱり凛々子のことを歌にしているようです。

<声>
人気投票で5位以内に入れなかった香那葉は参加する資格が無いため、北都南さんはお休み。
Triangleなのでピー音が必要な卑語は出てきませんが、一部の単語で修正が入ります。
コンテンツの1つに新規の「フリートーク」があるので要チェック。

島香麗子さん(ティアナ姫)
今回は「壊れキャラ」なので、言ってることがかなり電波。「○とらっしゅ」(犬)とか「○鉄剣」とか著作権に引っ掛かりそうな単語連発で、ピー音や「ワンッ」(犬の鳴き声)など修正が入ることが多いです。

彩世ゆうさん(エレニス)
例によって「戦士」な役ですが、ティアナ姫に一服盛られて酔っ払った時の「い〜れふか?」など、呂律の回っていない演技がカワイイです。

木村あやかさん(麻由希)
「次は1位」とティアナ・凛々子・ココノの高すぎる壁を越えることを誓った声優さん。
オイル塗りの思い出話で凛々子がココノに打ちのめされた後の「謝れ、凛々子さんに謝れ!」は必聴。

<絵>★★★★★★★★☆☆8
低価格なファンディスクなのでボリュームは少なく、「魔法戦士達のなつやすみ」はCGが1枚だけで、
「ナイツ打!」には各キャラ1枚ずつ(差分含まず)、ミニドラマに2枚で、計8枚のCGがあります。
各Hシーンに1枚しかCGがなくて、差分も顔がアップになったり表情が変わったりするだったり、文章ではフェラをしていることになっているのにCGでは口に何も咥えてない場面があるのが残念でした。

ココノ以外のキャラは全員、立ち絵が魔法戦士の衣装で、Hシーンの時だけ水着に変わるので、「ココノみたいに立ち絵も水着にしろよ」と思ったりもしますが、水着のデザインがツボを押さえており、凛々子の水着はほとんどヒモ。意外とココノの水着も露出が激しくてエロいです。
エロ絵はココノのCGが一番で肉付きもエロの構図も良いですが、凛々子と麻由希はムッチリさが足りず、もう少し肉が付いていても良かったのではないかと思います。

「ナイツ打!」のクレジット画面には、いじけて「の」の字を書くスイートキッスと背中を向けてフテ寝しているスイートルージュが登場しているので、是非一度ご覧あれ。
ついでにバナナボートのマークはグレた香那葉ですが、人気が無いとこんな目に遭うんですね。
<シナリオ>★★★★★★★☆☆☆7
「ナイツ打!」には大した内容はなく、海に現れたメッツァーを見つけた魔法戦士が、
「メッツァー、お前の好きにはさせない!」→勝負→勝利→「見られて感じちゃってる」→「アアン、イクぅ」と、
これまでに何度も見てきた定番の流れになってます。

「魔法戦士達のなつやすみ」は以前掲載されたショートストーリーに音声を付けた作品で、
人気投票の結果を踏まえて上位5名が海水浴に行くという話です。
主要キャラが約1名いませんが、たとえスイートナイツの一人だろうと特別扱いは許されないのですよ。

中身はエロ無しのコメディ作品で、ティアナ姫がいきなり壊れて「○とらっしゅ〜」とか言い出したり、麻由希が作ってきた「お弁当」と言う名の生物兵器の処理を巡って攻防を繰り広げたり、「スイカ割り」でティアナ姫がエレニスを殺しそうになったりします。
ココノにノロケ話を聞かされて敗北感に包まれる凛々子の「羨ましくなんかないもん」とか、凛々子・麻由希にいじめられてイカされてしまったココノの「汚されちゃったよぅ、メッツァー様ぁ」とかは、かなり萌えでした。

ティアナ姫の一言一言が非常にダークで「スイートリップとは変身した貴女のことで、変身していなければ貴女は単なるエロい人なのですよ?」という言葉は「うわぁ、言っちゃったよ」という感じですw

<エロ>★★★★★☆☆☆☆☆5
エロがあるのは「ナイツ打!」だけで、各キャラ1回ずつですが相変わらず尺は長いです。
スイートナイツの定番である「公開凌辱」が基本で、大体どのHシーンも「観衆の前で凌辱され、その様子を実況させられる」という内容になっており、メッツァーが観衆の前でティアナ姫を犯したり、凛々子に公開オナニーさせてかき氷(ラブジュース味)を作ったりします。

アナル愛撫されてイッてしまう麻由希が個人的にはツボでしたが、その麻由希はローションプレイだけ、エレニスはフェラだけ、凛々子はオナニーだけで、挿入があるのはティアナ姫だけだったので、ちょっと物足りませんでした。
まとめ
面白い要素満載のファンディスク。でも、もう少しエロが欲しかった
一番の見所はダークなティアナ姫
「スイートキッス」という魔法戦士がいることも忘れないでやって下さい