作品名

新婚初夜体験ツアー

サークル名 projectSAKURA
発売日 05/08/14
価格 1365円(税込)
ジャンル サウンドノベル
元ネタ オリジナル
原画 がそんみほ
シナリオ 彩音
CG 12枚(差分含まず)
属性 花嫁、ウェディングドレス、輪姦、浣腸、脱糞
声の出演 大塚みやび
ストーリー
披露宴会場・・・花嫁「ゆかり」の前に、義弟の禁断の欲望と長老達の辱めの宴が待ち構えていた。
花嫁「ゆかり」の純白のドレスは汚され引き裂かれてゆく…
あなたはどちらの宴に参加しますか?
projectSAKURAより
はじめに
システム ★★★☆☆☆☆☆☆☆3
音楽/声 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆2
絵/CG ★★★☆☆☆☆☆☆☆3
シナリオ ★★★☆☆☆☆☆☆☆3
エロ ★★★☆☆☆☆☆☆☆3
合計 14/50(28点)
内容
<システム>★★★☆☆☆☆☆☆☆3
セーブ/ロード 5個/オートセーブ(選択肢毎)1個/いつでも可能
CG/シーン回想 CG鑑賞のみ
スキップ あり(F2キーで既読スキップ、Ctrlキーで強制スキップ)
オートモード なし
バックログ あり(F9キー)
ボイスリピート なし
音量調節 あり
選択肢による分岐が結構あり、挙げ句の果てにシーン回想がないため、セーブ数が全然足りません。
環境設定はプレイ中に右クリックすることで選べますが、タイトル画面では環境設定が呼び出せず、また、EDで流れるスタッフロールはクリックで飛ばせない等、不便な点が多いです。
全ての人に当てはまるかは分かりませんが、フルスクリーン表示からウィンドウ表示にしようとした時に「DirectXの初期化が出来ませんでした」というメッセージが出てきて強制終了してしまうので、一度フルスクリーンにしたらそのままにしておいた方が安全です。

<音楽>★★☆☆☆☆☆☆☆☆2
個人製作のためあまりお金をかけられないようで、サウンド関係はレベルが低いです。
とにかく音質が悪く、ざらついた感じでクリアな音ではありません。

<声>
大塚みやびさん(ゆかり)
音楽同様に音声も音質が悪く、設定でボリュームを最大にしても音が悪くて声が聞こえにくいです。
特にHシーンがサッパリで、「アン」などの喘ぎ声はテキスト通りに声に出しているだけなので全く艶が無く、エロくありません。

<CG>★★★☆☆☆☆☆☆☆3
パッケージの絵は塗りが明るいので、透明感があって目がぱっちりしてて表情が色っぽいですが、
ゲーム内の絵は塗りが暗くて、目もパッケージの絵と違うのでプレイしていて違和感があります。
正直なところ、パッケージの絵が一番上手く見えます。

<シナリオ>★★★☆☆☆☆☆☆☆3
ストーリーは「義弟編」と「先人の教え編」に分かれ、最初の選択肢でどちらの話を見るかを決めます。
どちらの話も独立していて関連性は無く、1つのHシーンがそのまま1つの話になっているので、全体のボリュームは少ないです。

「義弟編」は義理の弟が主人公で、結婚式当日に花嫁を凌辱する話。
「幸せそうな顔を見たくない」とか「心の奥で何かが焦げ始めた」とか「好きだった女性が兄と結婚するから」という嫉妬を匂わす文章が多いです。

「先人の教え編」は村長(老人)が主人公で、村人を率いて「教育」の名の下で花嫁を凌辱する話。
村の掟で新郎を退席させ、おじいちゃん達が花嫁に奉仕のテクニックを叩き込むという内容で、1人の女性を集団で凌辱するため「義弟編」よりはエロいとは思います。
ただ、適当に流せばいいのにアナルセックスの前に「浣腸」シーンがあり、CGは無いけど「脱糞」という単語がはっきりと出てくるので、かなり萎えました。

<エロ>★★★☆☆☆☆☆☆☆3
ヒロインは「花嫁」なので、ウェディングドレスがデフォルト。
どちらの話もHの種類はいくつかありますがHシーンは一つだけなので、どのプレイも尺は短いです。

「義弟」編も「先人の教え」編も「花嫁を犯す」というシチュエーションは共通ですが、義弟は「凌辱」するタイプのH、先人は花嫁を「開発・調教」するタイプのHになっており、エロの方向性は若干異なります。
肛虐にこだわりを持っていらっしゃるようで「アナルセックス」関係の描写がやけに丁寧ですが、力を入れる場所はもっと色々あると思うんだ。
まとめ
パッケージや属性だけで購入を決めると痛い目に遭う。
声も絵もシステムもレベルが低いのに値段はそれなりに高いので、オススメは出来ない。