パッケージ

らぶちゃ。

サークル名 あっぷるみんと
発売日 06/05/20
価格 2100円(税込)
ジャンル らぶらぶチャット&ドキドキのぞきADV
原画 YUKIRIN
シナリオ 中守一砂
CG 17枚(差分含まず)、回想7個
声の出演 綾野 まなみ まきいづみ
ストーリー
「…まなみもそろそろえっちさせたあげた方がいいのかなあ…」

主人公、山倉幸二は同級生の恋人、綾野まなみとつきあい始めて半年が経つ。
しかし、なかなかキス以上の関係には進めず、主人公はちょっと悶々としていた。
そんな時、まなみの両親が出張で家を空けてしまい、まなみは一人暮らしをすることになってしまう。

防犯的に不安がるまなみに対して、主人公は防犯カメラを設置して、警備をしてあげようと提案する。
そして同時に、ヒロインとライブカメラを使ってチャットをすることでより親密になろうと計画する。
さらにもうひとつ、このカメラを使った裏の目的が…

こうして、「らぶらぶチャットで親密になっちゃおう!」作戦、
略して『らぶちゃ』がスタートするのだった。
※パッケージより
はじめに
システム ★★★★★★★★★☆9
音楽/声 ★★★★★★★★★★10
絵/CG ★★★★★★★☆☆☆7
シナリオ ★★★★★☆☆☆☆☆5
エロ ★★★★★★☆☆☆☆6
合計 37/50(74点)
登場人物
山倉 幸二(やまくら・こうじ)/主人公・名前固定
まなみの彼氏。「告白」があった訳ではないが、いつも一緒だったのでそのまま付き合うようになる。
付き合い始めて半年になるが、未だにキスから先に進めず悶々としておりHしたくてしょうがなく、まなみが一人暮らしをすることになったのをチャンスと見て、何が何でもHしようと計画中。

綾野 まなみ(あやの・まなみ) 声:まきいづみ
父親の海外出張が決まり、母親も一緒に行ってしまったため、しばらく一人暮らしをすることになる。
強気で負けず嫌いな性格だがウブな一面もあって、性的な話題は苦手。エッチに興味はあるが、友達のヨウコちゃんの影響で「破瓜の痛み」を怖がっており、エロい話は逸らすようにしている。
占いが好きで、雑誌の占いの影響を受けやすい。また、怒ると手当たり次第に物を投げるクセがある。
内容
<システム>★★★★★★★★★☆9
セーブ/ロード 100個(クイックセーブ1個)
CG/シーン回想 あり(最初から選択可能)
スキップ あり
オートモード あり
バックログ あり
ボイスリピート あり
音量調節 可能(BGM・効果音・音声)
右クリック メニュー呼び出し(メニューはメッセージウィンドウにも付いてます)
機能は一通り揃っているし、同人ソフトにしては良くできたシステムだと思います。
全体のボリュームが大したこと無かっただけに、このシステムは宝の持ち腐れだった気もしますが、
表情が変わったり立ち絵が動いたりして、絵に「動き」があったのは良かったです。

<声>★★★★★★★★★★10
この作品最大の長所はまきいづみさんのとろける声で、ちょっと舌足らずなところがたまりません。
「まきいづみ100%」なので、思う存分萌え上がってくださいな。
怒った時の演技が特にオススメで、怒っているのに可愛すぎてもっと「バカ」って言われたい気持ちになってきます。

<絵>★★★★★★★☆☆☆7
「パッチリした目」に「豊満な乳」で「エロカワイイ」絵ですが、気になることが何点か。
些細なことですが「破瓜の血」がありません。「処女・非処女」にこだわりは持ってませんが、テキストに「血」の表現がある以上はちゃんと描いていただきたいです。

上手い絵は本当に上手いですが微妙な絵は本当に微妙で、M字開脚で入浴している場面の絵はぽっちゃりし過ぎてデブく見えるし、顔の角度によっては表情が崩れていることもありました。

<シナリオ>★★★★★☆☆☆☆☆5
シナリオは完全に一本道で、選択肢はHシーンで「中出し」か「外出し」かを決めるだけで、選択肢によって話が分岐することがないので、エンディングも1つしかありません。
話の内容は単調で、「彼女の家に設置しているカメラで彼女の痴態を覗き見る→Hする→うっかりネタバレ→彼女怒る」の繰り返しなので2つ目のHシーンからは展開が読めてしまい、「あぁ、やっぱり」という気持ちになります。

彼女の両親が不在の間に何としてもセックスしたい主人公は、Hの約束をするために作戦を立てますが、最初の作戦が「大人の話題を振ってHの約束を取り付ける」というゴリ押しな作戦で、これが成功するくらいなら「半年付き合ってH無し」なんてことはないと思うんですが、案の定失敗します。
そして次に考えたのが「らぶらぶチャットで親密になっちゃおう!」作戦な訳です。
「一人暮らしは不安」というまなみにとって、離れていても相手の顔が見えるというのは心強いようで、いつもより親密な感じですが、ヤリたくてしょうがない主人公は下心丸出しで、「パンツ見せてくれよ」とか露骨すぎて泣けてきます。絶対こんなのアダルトな会話じゃねぇ。

防犯のために彼女の家には至る所にカメラが設置されており、いつでも主人公は覗くことが出来るので、一番の味方が一番の敵だったりしますが、このカメラを通じて彼女の様子を覗き見ます。
独り言で主人公にやきもちを焼いている時もありますが、大半はオナニー中というステキなまなみさんは、雑誌や友人の影響で変な知識を持っていて、破瓜の痛みは「指の間をつねったくらいの痛さ」らしいです。

シナリオ自体は大したこと無いので、「シナリオ」を楽しむというよりは、恥ずかしがったり怒ったり嫉妬したりデレデレする「まきいづみさんの演技」を楽しむことになるでしょう。
<エロ>★★★★★★☆☆☆☆6
「らぶ」なので内容も当然純愛・和姦しかありません。1つのHシーンで2・3個のプレイがあり尺は短くはないですが、主人公が早漏気味なので、肉棒に刺激が与えられ始めると試合終了は近いです。
非常に残念だったのがHシーンの服装がパジャマ(上だけ)の一種類しかなかったことで、「元ソフトボール部」という設定があるのだからブルマやユニフォームを着てHしても良かったのではないでしょうか。

フェラのなんたるかを知らないような女の子にいきなりパイズリを仕込むのは「通」だと思いますし、お風呂場で「バックから下着ずらし挿入」とかはマニアックで好きです。
「69でパイズリフェラ」もあり、この合わせ技は強力でした。